カラフルな生活

カラフルな生活

0 minutes, 2 seconds Read

カラフルな生活

 

実際に理解されているように、好みはさまざまです。誰かが彼の家を整理するとき、彼は彼の非常に個人的な日陰の好みを簡単に示すことができます。それでもなお、「日陰のエネルギー」に取り掛かるときは、まず最初に独自の法律を発見し、さらに多くの追加情報を購入する必要があります。すべての色合いには、実際には独自の非常に個人的な購入とサインがあります。

私たちの家の美的写真は、実際には多くの要素で構成されています。家具は、実際には非常に長い間屋内のリーダーでした。しかし、現代の開発者による家具のデザインは、実際には本質的に簡単で実用的であり、実際には実質的に独自性はありません。確立のそのような強調されたミニマリズムの下で、美的知覚の量は、いくらかの支払いを必要とします…そしてそれを日陰で得る。屋内の色調はスタイリッシュなままです。これは、空間の基本的なシェード要素(実際には壁の表面、ドレープ、および色合いを緩和する家具)が、実際には1つのシェード範囲全体で選択されることを意味します。さまざまな情報(アバットジャー、クッション、テーブルクロス、フラワーホルダー、小さな道具)に関しては、基本的な色合いの範囲に簡単に送信できるだけでなく、肌寒い色の居心地の良い色のスタイルなど、それを使用して簡単に比較することもできます範囲、またはその一方で、肌寒い-居心地の良い色合いで。屋内の色調は、そのような絵画的な普及がなくても、典型的な現実のように簡単に見えます。

カラフルな生活

ダークブルーブルーの範囲は、実際には涼しさ、海のそよ風の質に関連しているため、これらの色は、属性や空で実際に利用できる大きな家の窓やロッジアと一緒にスペースを整理しながら、実際に素晴らしいです。ベッドルーム、ベビールーム、ダイニングルームは青みがかった銀色の色合いで選ぶことができます。さらにはるかに濃い青は、実際には表現、主要な夜の会話に関連しています。それは確かに調査研究や応接室でさえ準備ができています。紺色は実際には寒いです-それは居心地の良い、長いパイル製品のようなものではなく、熱感に触れます。そのため、乾燥した小さな構造の表面積が優れた性能を発揮します。

赤みがかった色合いは、心の歓喜の状態を生み出します。これは実際にはイベントの色合いです。それは覚醒剤として影響を与えるので、赤ちゃんの部屋では、いくつかのサプリメントとして利用することができます。それは部屋、小さなスペースで制限されているように感じるかもしれませんが、それは巨大な居間や一次食堂でさえ本当に本当に価値のある自分自身の井戸を簡単にかなり明らかにすることができます。赤みがかった色合いは、広々とした現代的な家の会場だけでなく、プラスチックやスチールと組み合わせたヴァンガードスタイルのキッチンエリアでも同様に素晴らしいです。屋内の赤みがかった色合いは、鮮やかな辰砂から薄汚い桜の色合いや炎に向かって、あらゆる種類の色にすることができます。赤みを帯びた壁の表面、赤みを帯びたドレープ、さらには赤みを帯びたタイル張りの床は、屋内にいくらかの心を打つことができますが、他のすべての偏心など、そのような選択には不誠実さが必要です。不要なポイントやのんびりとしたキックショーはありません。チェリー、ワイン、テラコッタの色のすべてのミックスが明るい赤と一緒に用意されていますが、緋色のフクシア領域とフクシアの緋色の領域は実際には不快で望ましくありません。一般的には、色や照明に小さなエラーが発生する可能性があります。実際には、「紫色の色合いでスケッチする」という不安を伴うものです。

屋内のフクシアは、赤みがかったものと比較して、実際にはそれほど気まぐれではありません。同様に、それは実際に明白に兆候を明らかにしました。応接室、ダイニングルーム、ベッドルーム、フクシアの範囲の娘のスペースを簡単に整理できます-所有者自身が女性らしいデザインを意図的に選択した場合、微調整された小さなポイントで満たされたデザイン、古代の磁器、手作り情報。それにもかかわらず、「フクシアの陰のライフスタイル」は実際にはかなり気まぐれです-それは実際にはさまざまな現代のハイテクや巨大な「ビクトリア朝のデザイン」さえも確実に欠いています。

黄色がかった色合い

黄色がかった色合いは、実際には民族的パターンと生態系の色調の内側のためのものです。黄色がかったさまざまな色が制約なしに互いに統合され、イルミネーションで満たされた居心地の良い範囲を生み出します。枝編み細工品の家具とすべて有機材の木材は、クリーミーイエローの確立で確かに快適に感じるでしょう。黄色がかった色合いは実際には要求が厳しくなく、家のほとんどすべてのタイプのスペースに選択できます。

新鮮な色合いは、居住地の属性から来る独自の色の素晴らしさを引き付けます:最初の芝生の繊細さ、7月の葉の豊かな深さ、コケの銀色、さびた枯れた秋の森…すべての色合いと新鮮な色は実際には、それらが通常それ自体で属性に隣接しているように、互いに信じられないほど統合されています。フレッシュな色合いは、まったく同じ使いやすさとともに、さまざまなタイプの屋内に簡単に適応できます。自然で壊れやすい薄緑色と緑豊かな色は、透明なプラスチック製の家具の部屋で構成される現代的な家具の色合いに実際に使用されています。 (現代の10代の若者は、大きなロリポップに似たこれらの座席やダイニングテーブルと一緒に実際に喜ぶでしょう)。薄暗い緑の色合いで着色された簡単な木材の家具は、実際には今日のスタイルがたくさんあり、卓越性とともに古典的な時代の影響を模倣しています。あらゆる種類の色のきれいな色の新鮮な亜麻、壁紙、金色の歴史の更紗スタイルは、このアンサンブルを非常にうまく含めることができます。

「オールオーガニックコンビネーション」とは対照的に、実体と珍しい色合いは、実際には彼らの「仲間」の選択肢を非常に意識しています。ラベンダー、バイオレット、パープルの製品、そして壁の表面は実際にはスタイリッシュですが、それらすべてに対して選択された装飾用デバイスに対しては非常に困難です。彼らのだらしないだけでなく、やや神秘的な環境では、柔らかな形の家具が調和して配置される可能性があります、そのような家具はモダニストデザインの私たちのチームにアドバイスします-その後、それらは同様にラベンダーとダーティグリーン、シルバー、そしてオパレスクチャトヤントのミックスなどです。

茶色がかった色合い

茶色がかった色合いは、実際には最初からすべて有機的です。これは実際には植物の幹や惑星の色合いです。茶色がかった色合いは、実際には強く、支持的な兆候があり、心地よいものです。茶色がかった色合いは、実際には落ち着きと堅実さに関係しています。そのため、研究研究、製図ホール、スペースの「ビクトリア朝」の心地よさの中で、評判の良い、やや従来型の環境で実際に優れています。天然皮革、別珍、厚いクッション製品、そしてベロアは、実際には茶色がかった内部で特に優れています。ゆったりとした個人は、安定したライフスタイルを意図しているだけでなく、好みは通常、自分のスペースにそのような範囲を選択します。私たちのチームのすぐ下では、砕いた岩、メロンイエロー、さらにはビロードのような色合いの領域を簡単に頻繁に見ることができます。確かに大きなスタイルのテラコッタではなく、鮮やかな黄土色が実際に実現可能です-クッション、写真、フラワーホルダー、壁面のデザイン。古典的な基本的な色合いだけでなく、非常に深刻なものが実際には非常に重要であり、実際にはデザインの微妙さがより重要です。したがって、家具の天然皮革のクッションのムードが古いブロンズをアドバイスする場合、その後、緑の色合いの強化は銅のプラチナをアドバイスするかもしれません。茶色がかった色は、薄紫色、紫色、青みがかった紫色で強調できます。

カラフルな生活

素晴らしいタイプの規制

屋内の日陰の範囲のオプションは、明らかに、所有者の個人的な好みに依存しますが、代わりに、スペースの仕事とあなたの好みを相関させる方法を理解し、同様に各日陰が実際には非常に個人的なものを持っていると考えるのに最適です安定した比喩的-心理的資質と連想。状態、赤ちゃんの部屋は実際に暗い、不機嫌、または迷惑でさえあるべきではありません。したがって、ママとパパがこれらの色合いのように演じているとしても、それは実際にはグラファイトグレーまたは「酸」の範囲でさえ組織化されるべきではありません。淡いピンクの色合いで整理されている場合、男性の検査と同様に、確かに珍しい代わりに外観になります。家のデザインは実際には長期的に待たれているので、同様に、屋内の色調の「時代の陰」の一時的なスタイルに準拠するべきではありません。リビングルームの色合いの範囲は、実際にはそれほどユニークであってはなりません(州、オレンジ、さらにはネオングリーン)。エキゾチックはフレーバーに似ています:それはほんの少しの辛味のある強化と同じくらい素晴らしいです。

室内の基本的な要素の間のムードの深さの循環に応じて、1つの音色範囲内でさまざまなバリエーションを簡単に作成できます。簡単に言えば、基本的なトライアド(壁の表面、ドレープ、さらには家具のクッション)から来た人は、実際には明るい色合いで、誰かが暗い色合いで着色する必要があります。したがって、ベビールームとベッドルームでは、壁の表面が実際に最も明るい領域である必要があり、家具は実際にははるかに日陰で装飾されている必要があり、ドレープは実際には何でも覆われている可能性があります。一方、応接室だけでなく、壁の表面は暗い色合いで着色される可能性があります。これは、この特定のスペースの絶対的に最も重要な機会の1つが、より深く豊富な色合いの明るい色合いの夜の照明の下で発生するためです。一般的に、色調の内部は実際には照明に対してかなり魅力的です。シェードのバリエーションは、実際には毎晩のイルミネーションとイルミネーションに合うように決定されています。

雑多な概念

実際に理解されているように、現代的なスタイルは、流行の緊縮財政に比べて、代わりにパントファジーに向けて実際に取り除かれています。それは折衷主義を選択するだけでなく、実際にはそれらすべてを単純に発展させたその瞬間にも規制に損害を与えることを選択します。したがって、色調の内部を行使した後、開発者は私たちのチームに自然で、簡単で、子供らしい鮮やかな色合いの組み合わせを提供することを始めました。キッチンエリアのボード、床、壁の表面、ダイニングルーム、応接室、そして通常はベビールームの家具は、実際には紺色、黄色がかった、赤みがかった、新鮮な色に塗り替えられました。この特別な必須のマルチカラーの中で、「家具のコレクション」というフレーズも変更されました。まったく同じ形の座席は、実際にはさまざまな色合い、ソファ、ダイニングテーブルを簡単に持つことができ、虹に参加する機会を喜んで利用します。カーペット、クッション、壁の表面の写真は、実際には、就学前の子供向けの出版物のイラストのように見えるように運命づけられています。私たちのチームがのんびりとした日陰のエリアや、チームが意図せずにどこかで無視したサンダルにさえ臆病に感じないときは、柔軟性、自発性などがあります。